トップページ

>

家庭菜園

>

エンドウ

エンドウ

特徴

 エンドウの起源は古代ギリシャ、ローマ時代にさかのぼります。日本へは10世紀頃に穀物として伝えられたとされています。
 原産地は中央アジアから中近東といわれています。冷涼な気候を好み、生育適温は15~20℃。最低温度はマイナス4℃くらいまで耐えられますが、暑さには弱く、28℃以上になると生育が鈍くなります。
 カロテンの含有量が多く、緑黄色野菜に位置づけられる程ですが、食物繊維も豊富に含まれる健康野菜の一つです。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 グルメ、グリーンパワー
連作障害 5~6年
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 化成肥料4kg
追肥 化成肥料3kg/回
 1回目(つるが伸び出した頃)
 2回目(盛んに開花する頃)
畝 幅 60cm
株 間 30~35cm
関連記事

播種期

秋まき(10~11月)
春まき(3月)
 種が発芽するまでは土の表面が乾かない程度に水やりし、発芽後は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。水のやり過ぎに注意しましょう。

収穫期

サヤエンドウ系………実が膨らみ始める頃
スナップエンドウ系…莢が膨らんだ頃
グリーンピース系……莢の表面に小じわが生じた頃

栽培のポイント

 連作障害に弱い代表的な作物です。同じ場所には5~6年は作らないように注意します。エンドウは酸性土壌が苦手です。種まきの半月くらい前に、苦土石灰をまいて準備しましょう。
 また、種まきが早く、大きな株で冬越しさせると、寒さで株が傷みやすくなります。越冬前は本葉2~3枚の状態で冬を越させるよう、種まき時期に注意しましょう。

栽培上の注意点

 厳冬期を過ぎ、草丈が20cmくらいに伸び出す頃には、小さな巻きひげも出てきます。早いうちに支柱を立て、これに絡みつくようにつるを誘引します。支柱立てが遅くなり、伸びすぎてから急に絡ませようとして茎葉を触ったりすると、つるの元から折れたり、生育が停止してしまう可能性があります。案外デリケートな性質を持っていますので注意が必要です。
 春先、葉に絵を描いたような害虫の食害が発生します。ハモグリバエの幼虫による食害ですので、殺虫剤を散布しましょう。また、ヨトウムシ、アブラムシも発生しますので防除しましょう。
 風通しの悪い場合は、うどんこ病が発生しやすくなります。つるが絡み合わないよう丁寧に誘引し、風通しを良くしましょう。

栽培の手順

1. 畑の準備
〈10平方メートル当たり〉苦土石灰3kg、完熟堆肥10~20kg
植えつけの2週間前に苦土石灰と完熟堆肥を入れてよく耕します。
2. 元肥入れ
〈10平方メートル当たり〉化成肥料4kg
植えつけの1週間前に元肥を入れてよく耕し、幅60cmの畝を作ります。
3. 苗づくり
128穴のセルトレイに2粒ずつ指先で押し込み、種をまきます。
1cmくらい覆土し、軽く押さえておきます。
4. 植えつけ
植えつけの2~3日前までに黒色ポリエチレンフィルムを敷きます。
本葉2~3枚の頃、株間30~35cmに植えつけます。
5. 支柱立て
厳冬期を過ぎてつるが伸び始めたら、早いうちに支柱を立てて誘引します。
網目の粗いネットやビニールテープ等を張ります。
6. 害虫防除
ハモグリバエの幼虫による食害(葉に絵を描いたような模様)が発生しますので、早期防除に心がけましょう。
7. 追肥
1回目(つるが伸び出した頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料3kg
2回目(盛んに開花する頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料3kg
8. 収穫
<キヌサヤ系>
 子実が膨らみ始める頃
<スナップ系>
 莢が膨らんだ頃
<グリーンピース系>
 莢の表面に小じわが生じた頃