トップページ

>

JA共済

>

よくある質問

よくある質問 - 自動車編

損保で加入している自動車保険が満期を迎えますが、JAの自動車共済に加入できますか?

 加入していただけます。
 割増・割引等級も、前契約がJAの場合と同様に継続して適用いたします。
 その際、保険事故の有無については、契約者様より告知をしていただきますが、併せて「自動車共済契約確認制度実施要項」に基づき事故の有無・件数その他を確認させていただきます。
 損保・全労災・中小企業共済・各種自動車共済等からJAの自動車共済に継続加入をされる場合は、事前に、JA窓口にご相談ください。

自賠責共済(強制保険)はJAでも加入できるの?

 はい、JA窓口でも自賠責共済(強制保険)の加入手続きができます。継続契約のお申し込みは、車検対象車両については共済期間満了日の3か月前から、原動機付自転車・軽二輪自動車・小型特殊自動車は共済期間満了日の1か月前から受け付けています。
 お車の買い換え・新規購入の際には、事前にJAでご加入されるか共済代理店、自動車販売店でJAの「自賠責共済」とお申し付け下さい。
 自賠責共済にご加入し、さらに自動車共済にご加入されますと自動車共済の対人賠償共済掛金が割引になるうえ、万一の事故処理もスムーズで安心です。

自動車が台風による洪水のため水没してしまった。

 ご契約自動車に、車両共済(車両条項)の付帯があれば共済金をお支払いすることができます。
 全損害担保の場合、偶然な事故(衝突・接触・墜落・火災・盗難・台風・洪水・高潮等)によって損害を受けた場合に共済金をお支払いします。
 損害限定担保(車両損害限定特約)の場合も上記のような自然災害によって生じた損害事故の場合には、共済金をお支払いします。
 ただし、地震もしくは噴火、または、これらによる津波により生じた損害に対しては、共済金はお支払いできません。

登録番号:18230511036