トップページ

>

JAバンク情報局

>

よくある質問

よくある質問 - ATM編

ATMの稼働時間を教えてください。

ATMの稼働時間は、次のとおりです。

ATMからの振込で当日振込ができるのは、平日8:30~15:00(ATM稼働時間が8:45~の場合は8:45~15:00)です。その他の時間帯については、翌営業日を振込日とする振込予約となります。
(注) 利用手数料は下記「詳しくはこちら 〉」のリンク先をご覧ください。

詳しくはこちら 〉

JAバンクのキャッシュカードを持っていますが、無料で利用可能なATMを教えてください。

ATMの稼働時間と利用手数料は、「各種手数料」のページをご覧ください。

詳しくはこちら 〉

現金を使ってATMで振込をしたいのですが。

愛知県下JAのATMでは、現金による振込はお取扱いしておりません。ATMで振込をされる場合にはキャッシュカードが必要となります。
現金による振込を希望される場合には、お手数ですが窓口にて振込手続きを行ってください。その際、10万円を越える振込の場合には、本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード等)の提示が必要となりますのでご了承ください。

ATMで定期貯金は作れますか?

定期貯金通帳、総合口座通帳をお持ちの個人の方に限り、ATMで定期貯金をお作りすることができます。ATMでお作りになれる商品は、自動継続扱いのスーパー定期および期日指定定期貯金のみとなりますので、この他の商品をご希望の場合は、お手数ですが窓口までお越しください。

キャッシュカードの暗証番号を忘れてしまったのですが、どうしたらいいですか?

お取引店舗の窓口で暗証番号を照会することができます。その際には、照会する口座のお届印が必要となります。また、運転免許証などの本人確認書類が必要となりますのでご了承ください。

キャッシュカードの暗証番号を変更したいのですが、どうすればいいですか?

窓口で変更手続きをする方法と、ATMで変更をする方法の二通りあります。
窓口で変更をする場合には、お通帳のお届印が必要となります。ATMで変更する場合は、キャッシュカードが必要です。
近年、キャッシュカードの偽造・盗難等によって、預貯金の不正な引出による損害が多発しております。そのような犯罪対策の一つとして、暗証番号には生年月日、電話番号、郵便番号、車のナンバー等の他人から推測されやすい番号のご使用はお避け下さい。また、定期的に暗証番号を変更されることをお勧めします。
安全にお取引いただくために、こちらをご覧ください。

詳しくはこちら 〉

以前、キャッシュカードがATMで使えなくなったので、窓口で見てもらったら磁気が壊れているということでした。その時は直してもらいましたが、今回、また使えなくなりました。どうしてですか?

磁気障害の原因については、通帳・キャッシュカードを携帯電話・携帯用オーディオ機器等の磁気を帯びたものに近づけることにより、磁気記録の一部が欠落してATM等の機器で利用できなくなる場合があるということがメーカーの調査により判明しています。磁気記録に影響を与える可能性があるものは次の通りです。

・ステレオ ・健康磁気器具
・テレビ ・車の磁気ロック
・携帯電話 ・マグネットクリップ
・パソコン ・マンションのカードキー
・携帯用オーディオ ・ハンドバッグの留め金具
・AV機器のイヤホン  

また、上記以外のものでも、磁気に影響を与える可能性があります。管理には十分お気をつけください。万一、通帳・カード等がATMでご使用になれない場合は、お手数ですが窓口までお持ちください。

ATMで税金・各種料金払込みサービス(Pay-easy(ペイジー))は利用できますか?

当JAのATMでは、Pay-easyマークが記載された納付書や請求書による自動車税(愛知県税)、電話料金等の払込みサービス(Pay-easy(ペイジ-))をご利用いただけます。

詳しくはこちら 〉

普通貯金通帳のみでATMを利用できますか。

愛知県下JAの通帳については預入・記帳・残高照会取引が、県外JAの通帳については記帳取引がご利用いただけます。その他の取引についてはキャッシュカードが必要となります。

ATMではどんなことができますか?

「お預入れ」「お引出し」「お振込」「お振替」「残高照会」「通帳記帳」「キャッシュカードの暗証番号変更」さらに「定期のお預入れ」についてもご利用いただけます。