トップページ

>

バーチャル見学

わたしたちが毎日食べているお米は、2000年以上も前から栽培され、日本人の暮らしや文化に深く係わってきた食べ物なんだ。
いつも当たり前のように食べているお米なんだけど、いったいどのように育てられ、生長していくのか知らないことが多いよね。
だから、今日は「稲の生長見学ツアー」に参加して、稲の秘密について勉強しちゃおう!
それでは、みんな集まったようだから、さっそく見学に出発だ!!
暑い夏、ビールのお供によく食べられるエダマメ!
原産地は中国で、日本には約2,000年前に伝えられた歴史のある野菜なんだよ。
エダマメという名前は、食用作物であるダイズの未成熟のものを利用する場合の呼び名なんだ。
今回は、このエダマメがみんなの食卓に並ぶまでを紹介するね!!
ようこそJA西春日井カントリーエレベーターへ...
西春日井管内では現在、「あさひの夢」、「あいちのかおり」の2品種が栽培されているよ。
そして、「あさひの夢」は10月上旬頃、「あいちのかおり」は10月中旬頃に稔りの秋を迎えるんだ。 収穫されたお米は今までは農家の皆さんが乾燥、籾摺(もみすり)、選別、検査、販売という大変な作業をしていたんだけど、昭和62年9月に完成したカントリーエレベーターのおかげでずいぶん楽になったんだよ。
それでは収穫されたお米がどうなるのか、カントリーエレベーターの探検に出発だ!!