トップページ

>

家庭菜園

>

サツマイモ

サツマイモ

特徴

 サツマイモは手間がほとんどかからず、暑さや病害虫にも強くて簡単に育てることができます。野菜作りの初心者にもおすすめです。
 苗は種イモから自分で作ることも可能です。小さめのコンテナに種イモを1つ植えつけると、つるが何本も伸びてきます。ある程度の長さになったら、先端から5~6節あたりの長さで切り取って苗とします。
 植えつけの季節になると、グリーンセンターでも苗が販売されています。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 ベニアズマ、金時、べにはるか、安納芋
連作障害 なし
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 完熟堆肥5~10kg、イモ専用肥料 3kg
   ※ 前作に野菜を作っていれば肥料はなくてもよい
追肥 葉色が薄く生育が悪い場合のみ少量を施す
畝 幅 50cm
株 間 30~35cm
関連記事

植えつけ期

5月上旬~6月中旬

収穫期

9月下旬~11月中旬

苗の選び方

 苗は長さ25~30cm程度、葉数5~6枚、茎が太めで葉色が良く、厚みのあるしっかりした苗を選ぶ。

栽培のポイント

 排水性・通気性の良い畑で作りましょう。排水の悪い畑ではできるだけ畝を高くして、通気性の良い状態にしておきましょう。
 黒色ポリエチレンフィルムを使用することでサツマイモが上手に栽培できます。効果としては、生育初期段階の地温の低下抑制、過度な乾燥防止、つるから出る不定根の抑制、つるが生い茂る前の雑草抑制などいろいろあります。
 サツマイモはつるぼけ(つるだけが生長して実のつきが悪くなること)しやすい作物です。原因は畑の水はけが悪かったり、前作の肥料分が多く残っていることが挙げられます。つるぼけしないよう、窒素肥料は控えましょう。
 9月頃、収穫する前に探り堀をしてみるのも、サツマイモを栽培する楽しみの一つです。出来具合を確認し、順次収穫していきましょう。

栽培上の注意点

 生育適温は25~30℃と高温を好みます。酸性土壌でもよく育ちます。
 連作障害が出にくいと言われていますが、繰り返し作付けすると地力が低下し、土壌病害虫の発生も多くなるので、できるだけ連作は避けるようにしましょう。
 植えつけから2か月もすると、つるがたくさん伸び広がりますので、畝の中央へ折り返します。これを「つる返し」といいます。つる返しは、たくさん広がったつるをただ整理するだけでなく、伸びたつるの節から発生する根を切るという目的もあります。
 収穫は天気の良い日に行いましょう。また、霜が降りて低温にあたるとイモが腐りますので、必ず霜が降りる前に収穫しましょう。

栽培の手順

1. 畑の準備
〈10平方メートル当たり〉完熟堆肥10~20kg
植えつけの2週間前に完熟堆肥を入れてよく耕します。
2. 苗の準備
苗は長さ25~30cm程度、葉数5~6枚、茎が太めで葉色が良く、厚みのあるしっかりしたものを選びます。
3. 植えつけ
畝幅50cm、高さ20~30cmの畝を作り、黒色ポリエチレンフィルムを敷きます。
30~35cm間隔に穴をあけ、苗を植えつけます。
植えつけ後は、3~4日灌水します。日差しが強い場合は、べたがけ資材で遮光します。
苗の先端(生長点)が立ってきた後は水やりする必要はありません。
4. 植え方
根が出る3~4節を土の中へ入れ、葉は地上へ出します。植えつけたら株元の土を押さえておきます。
5. 追肥
葉色が薄く生育が悪い場合のみ少量を施します。
6. つるの整理
つるが伸びてきたら、つるの節から出ている根を切り、畝の中央へ折り返します(つる返し)。
7. 収穫
9月中旬頃に大きく育ったものだけを探り掘りしてみましょう。
育ち具合に応じ、10~11月に収穫します。
霜が降りて低温にあたるとイモが腐るので注意しましょう。