トップページ

>

家庭菜園

>

コマツナ

コマツナ

特徴

 日本の食卓にはなじみの深いコマツナ。江戸時代に東京の小松川で誕生したので、この名前がつきました。今では全国で栽培されており、カルシウムをたっぷり含み、ビタミンC、ミネラルも豊富に含む栄養価の高い野菜です。
 暑さや寒さにも比較的強く、ほぼ周年栽培することができます。収穫までの期間がある程度短いため、家庭菜園に最適です。1回の種まきを多くせず7~10日間隔に少しずつ種まきを行い、使う分だけ収穫することもできます。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 まさみ(3月~)、あっちゃん(10月~)、みなみ
連作障害 1年
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 完熟堆肥10~20kg、化成肥料3kg
追肥 化成肥料を適量/回
 1回目(第2回の間引きが終わった頃)
 2回目(生育状況を見て)
畝 幅 60cm
株 間 5~6cm
関連記事

栽培期間

春、秋 40~50日程度
夏   20~30日程度
冬   75~85日程度

種まき

 種まきの1週間前に幅60cmの畝を立て、完熟堆肥、化成肥料を施して土によく混ぜ込みます。
 畝の表面は平らに整えて20cm程度の間隔に深さ1cmほどのまき溝をつけます。まき溝に種を1cm間隔でまき、覆土したらたっぷり水やりをします。早春や晩秋は気温が低いので、種まき後に畝をパオパオ等のシートで覆うと発芽が早まります。

栽培のポイント

 生育適温は15~25℃前後で、暑さや寒さに比較的強く周年栽培が可能です。
草丈20cm程度になった頃が収穫適期です。油断していると大きく育ち、品質が落ちてしまうので注意しましょう。

栽培上の注意点

 時期によってはアブラナ科野菜に発生しやすいコナガ、アオムシ、アブラムシ類が発生します。防除を心がけましょう。また、春先や秋口の雨が多いときに白さび病が発生します。葉裏に白い斑点が発生し黄化します。早急に防除し、発生株は早めに抜き取り除去します。また、サンサンネットなどの被覆資材で最初から虫の飛来を防ぐ方法もあります。

栽培の手順

1. 畑の準備
〈10平方メートル当たり〉苦土石灰1kg
種まきの2週間前に苦土石灰を入れてよく耕します。
2. 元肥入れ
〈10平方メートル当たり〉完熟堆肥10~20kg、化成肥料3kg
種まきの1週間前に元肥を入れてよく耕し、幅60cmの畝を作ります。
3. 種まき
20cm間隔に幅2cm、深さ1cmのまき溝を作り、1cm間隔に種をまきます。
1cmくらい覆土したらたっぷり灌水します。
4. 間引き
第1回(本葉が出始めた頃)
 混み合っているところを間引きます。
第2回(本葉1~2枚の頃)
 3~4cm間隔に間引きます。
第3回(草丈7~8cmの頃)
 5~6cm間隔に間引きます。
5. 追肥
第2回の間引きが終わった頃から2回ほど、生育状況を見て化成肥料を適量施します。
6. 防寒・防霜対策
厳冬期に入って収穫する場合は、寒害や霜害から守るため、べた掛け資材(不織布など)で覆います。
7. 収穫
草丈が20cm前後になったら収穫します。