トップページ

>

家庭菜園

>

カボチャ

カボチャ

特徴

「冬至に食べると病気にならない」と古くから言われてきたカボチャ。栄養価が高く、免疫力向上効果があります。ビタミンC・E を多く含み生活習慣病の予防にも有効とされ、高い評価を得ています。野菜の中では最も強健な部類です。連作障害が出にくく、少ない肥料でもよく育ち、省資源的栽培ができます。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 坊ちゃん、栗かぼちゃ、土田かぼちゃ
連作障害 なし
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 完熟堆肥30kg、化成肥料1kg
追肥 化成肥料0.5kg/回
 1回目(つるが50cmくらいの頃)
 2回目(果実が10cmくらいの頃)
畝 幅 90cm
株 間 80~100cm
関連記事

播種期

3月下旬~4月

収穫期

7月中旬~8月

栽培のポイント

 つるがよく伸び、葉が大形なので、生育前期の整枝とつるの誘引を入念にし、中後期になって茎葉が絡み合うことのないような草姿を作り上げます。昆虫の飛来の少ない早い時期に咲いた花には人工授粉をし、確実に実どまりをさせましょう。果実が肥大してきたら、横向きの果実をゆっくり起こし(玉直し)、日光に当てて色づきをよくします。

栽培上の注意点

 強健で茎葉がよく繁茂するので狭い畑には不向きです。ある程度ゆとりのある畑で栽培します。多湿地では軟弱徒長となり、疫病などが発生しやすいので、日当たりや風通しの良い場所を選び、畝の高さや周囲の排水溝作りに留意しましょう。

栽培の手順

1. 苗づくり
3号ポットに種を3粒まきます。種は横向きに置いて1cm覆土します。5~7日で発芽します。
2.元肥入れ
〈10平方メートル当たり〉完熟堆肥30kg、化成肥料1kg
植えつけの2週間前に元肥を入れてよく耕し、幅90cmの畝を作ります。
よく肥えた畑や前作の肥料成分が残っている場合は、元肥を少なくします。
3.植えつけ
株間80~100cmに植え穴を掘り、灌水してから植えつけます。
遅霜の恐れがある時期は、ビニール等でトンネルするかホットキャップを被せて保温します。
4.摘心・整枝
日本カボチャは、本葉5~6枚の頃、親づるを摘心し、勢いのよい子づる2本を伸ばします。
西洋カボチャは、摘心せず親づると子づる1本を伸ばします。
5.人工授粉
確実に着果させるため人工授粉を行います。雌花が開花したら朝8時頃までに、雄花の花粉を雌花の柱頭(雌しべ)に軽くこすりつけます。
6.追肥・敷きわら
第1回(つるが50cmくらいの頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料0.5kg
追肥したら軽く土寄せします。つるが伸び出したら2~3回に分けて敷きわらをします。
第2回(果実が10cmくらいの頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料0.5kg
株間のところどころに追肥します。葉が茂りすぎている場合は少なくします。
7.収穫
開花後45日くらいが収穫適期です。ヘタの部分がコルク化し、果実の表面に光沢がなくなった頃に収穫します。