トップページ

>

家庭菜園

>

イチゴ

イチゴ

特徴

 真っ赤に熟したイチゴ摘みとその食感は、家庭菜園の醍醐味です。生育はゆるやかで定植から収穫まで約半年かかるのでじっくり取り組むべき野菜です。
 イチゴは、秋の低温と短日の条件で花芽が分化します。その後、春の気温上昇と長日の条件で開花・結実する性質をもっています。そのため、露地で栽培すると10月中旬~11月上旬に植えつけ、翌年の5月上旬ごろから収穫が始まります。
 イチゴの栄養は、ビタミンCです。大粒のイチゴを5~6粒食べると、1日分のビタミンC摂取量をとることができるほどです。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 宝交早生、アイベリー
連作障害 2年
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 完熟堆肥30kg、配合肥料1kg
追肥 配合肥料1kg/回
 1回目(植えつけの1か月後)
 2回目(翌年2月中~下旬)
畝 幅 60cm
株 間 35cm
関連記事

苗の選び方

 苗を選ぶ際は葉の大小・多少で選ぶのではなく、苗の中心部分(クラウン)が大きく、しっかりしている苗を選ぶことが大切です。

植えつけ

 苗は水はけが良く、適度の保湿性と通気性をもった肥沃な土で、日当たりのよい場所へ植え付けます。クラウンが少し隠れる程度の浅植えにし、たっぷりと水やりをします。

追肥と受粉

 植えつけ後、1か月を過ぎた頃に1回目の追肥を行います。株から10cmほど離れた所に施し軽く土と混ぜます。2回目は翌年2月中~下旬に1回目と同様に追肥します。
 平均気温が10℃以上になると開花しはじめます。受粉を助けてくれる蜂などが少ない場合は、筆や耳かきの房の部分で花の中心部分をトントンと軽く叩き、受粉を助けてあげます。

収穫期

 赤く完熟したものから収穫します。ナメクジの被害にあわないように注意が必要です。1か月ほど収穫が続きますので、果実がまんべんなく赤くなるように日当たりをよくしましょう。

次年度の苗作り

 収穫が始まるころから、ランナーが伸びはじめ、子株ができます。土を入れたポリポットを用意し、その真ん中に親株から伸びてきた子株を置き、ランナーを小石やUピンなどで押さえると10~15日ほどで活着します。子株にランナーを3cmほど残して、ハサミで親株と切り離すと、翌年の苗が完成します。ポリポットのまま、植えつけ適期の10月中旬まで管理しましょう。

栽培のポイント

 生育適温は17~20℃と冷涼な気候を好むので、夏の暑さを苦手とします。さらに、浅根性のため乾燥に弱いのですが、寒さには強く雪の下でも越冬します。
 イチゴ苗のクラウンが、ほんの少し隠れる程度に浅植えにするのがコツです。根は肥料焼けを起こしやすいので、追肥時には株元から少し離れた所に与えるようにします。

栽培上の注意点

 イチゴに発生しやすい病気はうどんこ病です。風通しをよくし、多湿にしないこともポイントです。発生してしまったら、早めに殺菌剤を散布し、それ以上広がらないように注意しましょう。
 また、アブラムシ類やハダニ類もよく発生します。肥料をやりすぎると発生しやすくなります。追肥は適量を守りましょう。高温期になると葉にハダニが発生することがあります。発生してしまったら、水やりの際に葉の裏表にしっかり水をかけることで多少は減りますが、多発生した場合は殺ダニ剤を散布しましょう。

栽培の手順

1. 元肥入れ
〈10平方メートル当たり〉完熟堆肥30kg、配合肥料1kg
植えつけの2~3週間前に元肥を入れてよく耕し、幅60cmの畝を作ります。
2. 植えつけ
花房が付く方向(親株からのつる跡がない方)を畝の外側に向けて植えます。
苗の中心部分(クラウン)が少し隠れる程度の浅植えにします。
3. 追肥
第1回(植えつけの1か月後)
〈10平方メートル当たり〉配合肥料1kg
第2回(翌年2月中~下旬)
〈10平方メートル当たり〉配合肥料1kg
黒色ポリエチレンフィルムを敷く場合は、新芽が伸び始める2月下旬に行います。
苗のあるところを切り開いて葉を外へ出します。
4. 病害虫防除
うどんこ病やハダニが発生しやすいので風通しを良くし、早期防除に心がけましょう。
5. 管理
枯れた葉は早めに取り除き、ランナーが伸びてきたら早めに除去します。
6. 収穫
イチゴの実が全体に赤く色づいてきたら収穫です。
7. 次年度の苗作り
収穫の終わった病害虫にかかっていない親株から苗を採取します。
親株から2番目と3番目の苗を選び、つるを5~6cm残して切ります。
花房は親株からのつるの反対側に付きます。