トップページ

>

家庭菜園

>

ハクサイ

ハクサイ

特徴

 繊維が豊富で柔らかく、淡泊な味のハクサイは漬け物、鍋物、キムチなどに欠かせない冬野菜の主役です。ビタミンCが多く、風邪の予防や免疫力アップに効果があるとされています。また、カリウムやカルシウムなどのミネラル類も多く含み、低カロリーなので上手に作り、たくさん食べたい野菜です。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 黄ごころ、富風
連作障害 1年
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 化成肥料3kg
追肥 化成肥料1kg/回
 1回目(植えつけの3週間後、葉が立ってきた頃)
 2回目(1回目の追肥から3週間後、結球し始めた頃)
畝 幅 60cm
株 間 40~60cm
関連記事

播種期

8月中旬~9月上旬
 品種を使い分け、3回(8月中旬、下旬、9月上旬等)に分けて播種をすると、11月~翌年2月にわたって収穫することができます。

収穫期

早生種 10月下旬~11月
中生種 11月中旬~12月
晩生種 12月上旬~翌年2月

栽培のポイント

 大型の中晩生種で80~100枚、小型でも60~70枚の葉によって結球が構成されるため、これらを十分肥大させることが必要です。生育適温は15〜20度なので、この気温下で最大の生長をさせるよう、播種の適期を見極めることが大切です。地域の気候や、育てる品種に応じて播種時期を選ぶようにしましょう。

栽培上の注意点

 早まきだと病害虫が多くなり、遅まきでは温度不足で小玉や不結球となります。
 秋冬どりハクサイは、早くまきすぎると育苗期が残暑にぶつかり生育が悪くなり、病害の発生へとつながっていきます。遅すぎると花芽分化する時期に十分な葉数が確保できず、良い結球状態が得られなくなります。中晩生種の場合は8月20〜30日の数日間が適期で、ごく限られています。

栽培の手順

1. 畑の準備
〈10平方メートル当たり〉苦土石灰1kg、完熟堆肥30kg
植えつけの2週間前に苦土石灰と完熟堆肥を入れてよく耕します。
2. 種まき・苗作り
128穴のセルトレイに種を1粒ずつまきます。
2mmくらい覆土し、たっぷり灌水します。
種まき後20日程度で本葉4~5枚の苗に仕上げます。
3. 元肥入れ
〈10平方メートル当たり〉化成肥料3kg
植えつけの1週間前に元肥を入れ、幅60cmの畝を作ります。
4. 植えつけ
1か所に2株ずつ植えます。
日差しが強い時期なので、べたがけ資材を利用すると良いです。
5. 間引き
本葉6~7枚の頃、1本に間引きます。
6. 追肥
第1回(植えつけの3週間後、葉が立ってきた頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料1kg
第2回(1回目の追肥から3週間後、結球し始めた頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料1kg
7. 収穫
ハクサイの頭部を押さえて、堅く締まっていたら収穫適期です。