トップページ

>

家庭菜園

>

ゴボウ

ゴボウ

特徴

 かつてゴボウを食べるのは日本や台湾だけでしたが、近年は中国や欧米でも人気が高まり、食材として大きな広がりを見せています。シャキシャキとした歯ざわりと独特の香りが特徴で、きんぴら、かき揚げ、煮物など様々な料理に使用されます。
 食物繊維の含有量は野菜の中でもトップクラス。便秘の解消、整腸、がんや動脈硬化の予防効果も期待できます。

野菜情報

栽培カレンダー
主要品種 滝野川ごぼう、ダイエット、コバルトシリーズ
連作障害 5年
施肥例
(10平方メートル当たり)
元肥 完熟堆肥30kg、化成肥料1kg
追肥 化成肥料0.5kg/回
 1回目(第1回の間引き後)
 2回目(第2回の間引き後)
 3回目(本葉5枚の頃)
畝 幅 50cm
株 間 10~15cm
関連記事

播種期

春まき 3月中旬~4月下旬
秋まき 9月中旬~10月中旬

収穫期

春まき 10月下旬~
秋まき 翌年6月中旬~
 長根種は播種から150日後、短根種は播種から75日後から収穫できます。根が細くても若ゴボウとしても楽しむことができます。

栽培のポイント

 耕土が深く排水の良い畑を選んで栽培することが大切です。また栽培期間が長いので、前後作のことをよく考えて作付けしましょう。種皮が硬いため、あらかじめ浸水処理をしておくと発芽率が向上し、生えそろいがよくなります。また、好光性なので覆土はごく薄くします。

栽培上の注意点

 性質は強健なので、通常の作物より管理は楽ですが、アブラムシの発生には注意し、早めに防除します。初期の生育が遅いため、雑草に埋もれることの無いように注意しましょう。

栽培の手順

1.畑の準備
〈10平方メートル当たり〉完熟堆肥30kg、化成肥料1kg
種まきの2週間前に元肥を入れて、深さ40~50cmまでよく耕します。
2.種まき
種子は硬いので、一晩水に浸しておくと発芽率がよくなります。
幅15cm程度のまき溝を作り、10cm間隔に1か所5粒まきます。
種が隠れる程度に覆土したら、鍬の背で押さえて土になじませ水やりします。
3.間引き
第1回(本葉1~2枚の頃)
伸びすぎや出遅れの苗を間引き、1か所2本にします。
第2回(本葉3~4枚の頃)
1か所1本に間引きます。
【よい株の見分け方】
葉が上に向かって素直に伸び、葉の開く角度が狭い株は、根がまっすぐ伸びています。
葉の開く角度が広い株は、また根や変形している可能性が高くなります。
4.追肥
第1回(第1回の間引き後)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料0.5kg
第1回の間引き後、片側の畝に追肥し、土寄せします。
第2回(第2回の間引き後)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料0.5kg
第2回の間引き後、1回目とは反対の畝に追肥し、土寄せします。
第3回(本葉5~6枚の頃)
〈10平方メートル当たり〉化成肥料0.5kg
本葉5~6枚の頃、2回目とは反対の畝に追肥し、土寄せします。
5.収穫
根の直径が1cmくらいになったものから順に収穫します。冬の間も順次行い、翌年3月上旬まで長い間収穫することができます。
収穫は根の先端近くまで掘り下げてから引き抜きましょう。