トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

ニンジンのトンネル栽培 とう立ちさせない温度管理を

ニンジンの発芽適温は15~25度で発芽には10度以上、生育適温は18~21度です。緑植物春化型といい、ある程度の大きさになり、低温に遭遇すると花芽が形成され、その後の長日と高温でとう立ちが始まる野菜です。
【品種】春まき用にはとう立ちがしにくい品種を選びましょう。どんな土壌にも適し、作りやすい「向陽二号」(タキイ種苗)、草勢が強く、芯まで鮮紅色になる「ちはま五寸」(横浜植木)などがあります。なお、暖地向きの「黒田五寸」はとう立ちの早い品種です。
【畑の準備】種まき2週間まえに1平方m当たり苦土石灰100gをまき、30cm程度の深さに耕します。1週間前に、化成肥料(NPK各成分で10%)100~150gと完熟堆肥2~3kgを施し、土とよく混ぜておきます。
 条間15cm、株間15cmなどの穴開きマルチ資材の規格に合わせた70~80cmのベッド幅を作ります。マルチは早めに張って地温を上げておきましょう。
【種まき】温暖地では1~2月から種まきができますが、家庭菜園では3月まきが安心です。穴開きマルチでは、1穴に5~6粒まきます(図1)。
【トンネルの設置】換気作業を省力化するには穴開きのトンネル資材(農ポリ)を選ぶと良いのですが(図2)、普通の農ポリでは生育に従って裾を上げて換気します。さらに、トンネル内の茎葉が茂り、いっぱいになればトンネルを外します。
【間引き】1回目は本葉2~3枚のときに2~3本、2回目は5~6枚のときに一本立ちにします(図3)。
【土寄せ】間引きと同時に土寄せを行い、さらに収穫期近くには、根の肩の部分にさらに土寄せして、根が緑に着色するのを防ぎます(図4)。
【収穫】根の径が4~5cmに肥大した株から順次抜き取ります。太り過ぎて裂根しないうちに収穫をします(図5)。裂根を急激に肥大する生育後半、畑が乾燥または過湿となる水分条件で起きやすいものです。