トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

キャベツ 病害虫の予防を万全に

 キャベツは冷涼な気候を好み、生育適温は20度前後ですが、一般地では夏まき秋冬取りが最も作りやすい時期です。
【品種】サラダ、煮物などに万能の品種が主流で、病気に強い品種を選びましょう。秋取りに適した早生品種の「初秋」(タキイ種苗)。「新藍」(サカタのタネ)は葉が柔らかい良食味品種です。冬取りには中晩生種で甘みのある「彩音」(タキイ種苗)、「冬藍」(サカタのタネ)もお勧めです。
【栽培期間】一般地では、早生種は7月上旬~下旬に種まきし種まき後90日程度、中晩生種は7月下旬~8月中旬に種まきし120~150日で収穫できます。
【苗作り】少量の苗を作るには7.5~9cmのポリポッドを使うのが便利です。1ポッド当たり3~4粒まき、本葉2~3枚で1株になるよう間引きます。苗作りの期間は30日程度で、寒冷しゃなどで害虫の飛来を遮断します(図1)。
【畑の準備】畑1平方m当たり苦土石灰100g程度をまき、よく耕します。畝幅70~80cm、深さ20cmの溝を掘り、この溝1m当たり堆肥1kgと化成肥料(NPK各成分で10%)100gを施し、土とよく混ぜて畝を立てます(図2)。
【植え付け】本葉5~6枚の頃、株間40cm程度に植え付けます。このとき、植え穴を掘り、穴に十分水やりして、活着をスムーズにさせます(図3)。
【追肥】本葉10枚の頃、株の周りに化成肥料を1株当たり10gくらいまいて、株元に土寄せします。2回目はその20日後に同量を畝の両側にまき、土寄せをします。
【病害虫の防除】ヨトウムシ、コナガ、アブラムシが多いので、オルトラン水和剤などで駆除しますが、生育書記はネット栽培で予防しましょう。葉先にくさび状の病斑を示す黒腐病にはZボルドーなどで予防します。
【収穫】球が肥大し、やや堅く締まってくれば収穫期です。