トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

春を告ぐ味覚、ナバナを育てよう

 独特の苦味と香りで、春を感じさせるナバナ。アブラナ科の菜の花のつぼみ(花蕾)を利用するものです。今ではほとんど周年的に店頭に出回っていますが、晩秋から春にかけてが旬となります。
 10cmほどの長さに切りそろえ、ぼつぼつ咲き始めたつぼみの束は、千葉県南部の特産品でしたが、近年は早生、晩生、多分枝性、耐病性など品種改良も進み、従来よりも一層広い地域で良品が得られるようになってきました。種苗会社によっては、ハナナとして特徴ある品種を売り出しています。
 種まきは8月下旬から9月中下旬までと、適期の幅は相当広いですが、早まきは早生種を用い、晩秋からの収穫を狙います。
 一方、9月に入ってからの種まきには、耐寒性の強いものなどを選ぶようにすれば、楽しみは一層広がります。
 128穴のトレイに4~5粒ずつ種をまき、本葉4~5枚のセル苗に育てて畑に植えるのが便利ですが、畑にまき溝をつけて直まきし、間引きながら一本立ちにして育ててもいいでしょう。
 太い花茎でおいしい花蕾を長期間取り続けるには、保水力に富む畑で、元肥に良質の完熟堆肥(たいひ)と、有機質肥料を十分施します。収穫が進むにつれて半月に1回ぐらい、油かすと化成肥料を追肥して、肥料が切れないようにすることが大切です。
 アブラナ科野菜に共通の問題ですが、コナガの幼虫は大敵、アブラムシやヨトウムシなどにもやられやすいので、発生を早く見つけ、所定の薬剤などで防除しましょう。
 盛んに育ってきたら次々と花蕾をつけてきます。収穫適期の目安(1~2花咲き始めたころ)をよく見て、取り遅れることのないよう収穫してください。

坂木技術士事務所●坂木利隆