トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

根深ネギの土寄せ軟白のポイント

 夏の暑いさなかに苗を植えつけた根深ネギは、生育の好適温の下でどんどん育ってきました。この時期には肥料を十分に効かせて生育を促すとともに、伸び上がってくる葉鞘部(白根になる部分)を完全に土寄せし、長い軟白部に仕上げることが大切です。そのためには土寄せの時期と件業を適切に行う必要があります。
 これまでの生育前半期の管理としては、溝の肩の部分に追肥し、それを土に混ぜるようにして溝の中に土を落とし込み、次に溝を埋めてしまう方法で行ってきましたが、これからは畝(うね)の通路の部分に肥料をばらまき、それを耕し込みながら、葉鞘部に土を寄せます。その程度は、緑葉のつけ根ぐらいまでとします。
 そして最終の土寄せの完成は、収穫の目標日を決めて、そこからさかのぼって約40日前に行うようにしましょう。冬の低温期には、葉鞘部の緑色が失せて十分軟白するまでに40日ぐらいを要するからです。年末に収穫するなら11月の15~20日ということです。
 このとき、図のように葉の縁の部分が7~8cm隠れるほど十分な量を、緑葉のすき間にきっちり入れるように、丁寧に寄せ上げます。指先ですき間に土を入れ込むようにすれば最良です。火山灰土の軽い土の畑では、乾いた状態だと作業がしにくく、細粒が葉の間に入り込んだりしやすいので、一雨降ったあとで作業ができればいいでしょう。
 長い軟白部に仕上げたネギは、収穫のとき白根の最下部が出るほど十分に土を掘り下げて、折らないよう丁寧に抜き取りましょう。

坂木技術士事務所●坂木利隆