トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

春まきのネギ苗づくり

 冬どりをねらう根深ネギや葉ネギは、苗を育ててから畑へ定植して栽培しますが、その苗づくりのための播種適期は、3月中~下旬(関東以西の温暖地の場合)です。
 冬の間に石灰を施してよく耕起しておいた畑に、鍬幅の深さ10cmほどの溝を60cm間隔で作ります。元肥として完熟堆肥と化成肥料、油かすなどを与えて埋め戻し、底面に凹凸がないよう鍬で丁寧にならし、まき溝をつくります。
 まき溝全面にわたるよう、1~1.5cm間隔でまんべんなく丁寧に種をまき、2~3mm厚さに覆土して鍬の背面で軽くならし、土と種をなじませます。その上を粗めの完熟堆肥または2~3cmほどに細かく切った稲わらで薄く覆い、乾燥などによる土の固結を防ぐよう心掛けます。
 発芽したら密生したところを間引きます。被覆した堆肥や切りわらなどは取り除かないでそのままにしておきます。葉が細いネギは雑草が生えやすいため、除草は入念に。
 草丈が6~7cmのころ、1.5~3cm間隔で1本になるよう間引きします。その後草丈10cmぐらいになったら、間隔が2.5~3cmになるようさらに間引きし、そろって生育させるようにします。
 間引きした後に、条間に化成肥料をまき、鍬で軽く土に耕し込んで中耕します。その後、さかんに生育するようになったら、1カ月に1回ぐらいの割合で少量ずつ追肥し、同時に中耕して良い苗に育て上げます。7月に入って鉛筆の太さより少し太めに育ったら、定植します。

坂木技術士事務所●坂木利隆