トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

ダイコンの肥料の上手な施し方

 ダイコンは、強大な根を地中に形成するかなり吸肥力の強い野菜であり、比較的少ない肥料分でもよく育つ性質を持っています。
 しかし、育ちが急速に進む時期の肥料の吸収は相当盛んなため、この時期の肥料が不足すると根の肥りが劣って、品質を損ねますから、追肥を欠かさず、肥料切れさせないように育てることが大切です。
 まず、畑は種まきの半月以上前に、全面に石灰をまき、30cmぐらいの深さまでよく耕しておきます。このとき、未熟な堆肥を施したりすると、根に変形が生じやすくなります。
 野菜を作り続けている畑で、前作に堆肥が施してあれば、特に堆肥を与える必要はありません。やせ地で有機質不足が心配なら、完熟堆肥を種まきと同時に株と株の間に少量施すようにし、根の伸びを妨げないように注意します。
 追肥は図のように、第1回は本葉1~2枚のころ、株の周りに与えます。このときはまだ2株残しの状態です。
 第2回の追肥は本葉5~6枚に育ったころで、間引いて1本立てにしてから列の片側に鍬で軽く溝を作ります。その溝に肥料をまき、溝を埋めながら株元に土を寄せておきます。株元がぐらつかない程度に、手を使って丁寧に土を寄せます。
 第3回の追肥は、根の肥りが目立ち始めたころに行います。第2回とは反対側に鍬で溝を作り、同様に肥料をまき、溝を埋めるように軽く土を寄せます。
 以上は基本的な方法ですから、回数や施肥量は、ダイコンの育ち具合を見て適宜加減してください。

坂木技術士事務所●坂木利隆