トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ

 これから多くなる害虫の飛来や、強光による生育障害を防ぐために、頼もしい助っ人としてお勧めしたいのが「べたがけ資材」です。
 これは服や下着の素材として広く知られる不織布(材料はポリエステル、ポリプロピレンなど)の一種。微細な紡糸を絡み合わせた長繊維不織布の、商品名パオパオ、パステイトなどと、もう一つ、フィルムを細かく割いた割繊維不織布の商品名タフベル、日石ワリフなどが、市販されています。
 いずれもごく細かい繊維でできており、薄っぺらで、1m2当たり15~20gと軽く、野菜の葉の上に直接被せても生育に支障ないことから「べたがけ栽培」することができます。
 資材の説明が長くなりましたが、これをかけておくと強光から野菜を守り、飛来してくる害虫を寄せ付けないという、大きな効果が得られるのです。雨風は通すため、野菜が育つゆとりをもたせて裾を隙間なくおさえ、風に飛ばされないようにしておくだけでよく、省力的です。
 これからまく葉菜類、とくに虫のつきやすいハクサイやカブ、ダイコンなどアブラナ科の野菜には効果抜群です。ハクサイでは苗床はもちろん、畑に植えてからもトンネル状に、葉の頂部に届くくらいまで覆っておくとよいでしょう。かん水や病害防除のための薬剤かけは、覆った上から行っても十分内部にまで届きますから楽にできます。
 この資材は縦横の引っ張りにも強く、何回でも使えます。エダマメやスイートコーンの種まき後に畑を覆って鳥害を防止するなど、工夫すればいろいろと使い道は広く、経済効果も十分に期待できるといってよいでしょう。

坂木技術士事務所●坂木利隆