トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

フキの植えつけと管理

 フキは極めて数少ない日本原産の野菜の1つです。山野に自生しているものも数多く見られますが、庭先や樹陰、畑の隅などに植えておけば、数年間とり続けられるので、たいへん重宝します。普通は葉柄を食べますが、春に芽を出すフキノトウの新鮮な味も格別です。
 フキの植えつけが最も適当なのは、暑さが遠のき始めた8月下旬から9月にかけてです。すでに栽培されているところや、自生地から根株を掘り上げてきてしっかりした地下茎を3~4節(10~15cmぐらい)付けて切り離し種根とします。
 植えつけるところには、早めに石灰、堆肥、少量の鶏糞、油カスなどを全面にばらまき、よく耕し込んでおきます。
 植えつけは、50~60cm間隔に浅めの溝を掘り、30cm間隔に横向きに根を置き、その上に4~5cmほど覆土します。さらにその上に、防乾・防暑のための稲ワラか腐葉土を覆っておきます。
 フキは乾燥に弱いので、翌年の夏には、株のまわりに広範囲にワラを敷き、乾きが激しければ灌水します。
 追肥は、春から秋の間に3~4回、少量の化成肥料を株のまわりにばらまきます。細根が浅いところに張っているので、肥料は油カスなど、根やけを起こさないものを、多すぎない程度に与えるように配慮しましょう。
 また、夏の強い日差しを嫌うので、木の陰など、半日陰に植えつけるのが良いのですが、そうでない場合は、遮光資材を用いたり、丈の高い作物、例えばトウモロコシなどを2~3列おきに植えたりして、工夫してみましょう。
 質の良いフキをとり続けるには、5年ぐらいで粗く植え替え元気を取り戻させるようにします

坂木技術士事務所●坂木利隆