トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

茎が球形に肥大するコールラビ

 コールラビは、キャベツの変種で、葉は小さくて葉柄が長く伸び、生長するにつれて茎の基部が肥大してくるので、球茎カンラン(キャベツ)、カブカンランとも呼ばれます。
 冷涼な気候を好みますが、キャベツよりも耐暑・耐寒性が強いので育てやすいのが特徴。形が面白いので、観賞用としてプランターや鉢植えにしてもよく、家庭用におすすめしたい野莱の1つです。
 緑色種と赤紫色種があり、前者はグランドデューク、サンバードが代表的なものですが、後者はきわめて少なく、選択の余地はあまりありません。盆栽用の浅鉢に両品種を紅白の寄せ植えにすると、たいへんきれいです。
 これから秋にかけてが種まきの時期になります。性質が強健なので、畑に直まきする場合は、間引いて株間を10~12cmぐらいにして育てるとよいでしょう。少ない本数なら、キャベツに準じて苗を育て、畑にベッドをつくって植えつけます。いずれも食味をよくするために、元肥を2~3回行って素直に育てることが大切です。
 球がふくらんできたら、下の方から出ている菜はとくに必要ないので、葉柄の基部を1cmぐらいだけ残して、ハサミで切り落とします。
 球径が6~7cmになったら収穫を始めていい時期です。収穫したら、まず玉の上方と下方の硬い部分を切り落とし、若い部分はそのままにして5~6cm厚さに切り、サラダ、酢の物、煮物、炒め物、塩漬け、みそ漬け、ぬか漬けなどに用いてみてはいかがでしょう。
 火を通すと柔らかくなるので、スープやソテー、グラッセなどにも向いています。食べ方が分かれば、親しみもグンと増しますよ。

坂木技術士事務所●坂木利隆