家庭菜園
<<目次

タマネギ


栽培方法

クッキングノート

タマネギには、ビタミンCがたくさん含まれているよ。他にも、消化を助ける働きもあるんだ。タマネギは、種からも育てられるけど、苗から挑戦するといいよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 -5〜40℃ いちばんよく育つのは15〜25℃だよ。
作ってみたい品種 地元で栽培されている品種がオススメ。特に昔から伝わるタマネギには、札幌黄、愛知白など、その地域の名前がついていることが多いんだ。
早生種…貝塚早生、OA黄
中生種…OK黄、泉州黄
晩生種…もみじ、淡路中甲高
連作障害 なし
ここに注意! 北海道・東北では春まき、関東より南の地域では秋まきがオススメ。
遅い追肥は保存中の腐敗が多くなるから注意!
関連記事 タマネギの植え付けと作業のポイント
連作も可、たくさん育てよう タマネギ
タマネギの植えつけと作業のコツ
タマネギの種まきと苗作り
タマネギの植え付けと上手な施肥
タマネギの苗作り・種まきのコツ
タマネギ苗の植え付けと肥料の与え方
タマネギの種まき、苗づくり


育て方
(1) 苗を植える2週間前に苦土石灰100g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料100g/m²を入れて畝を作る。 (2) タマネギは種から栽培することもできるけど、苗ができるまでに約1か月かかるから苗を購入しよう。苗は20〜25cmくらいで太さが5mm前後、根が白く良く伸びているものを選ぼう。 (3) 植える間隔は15〜20cmで何列かに植えよう。間隔を狭くすると小さめのタマネギに、広くすると大きめのタマネギができやすいよ。

(4) 苗を植えつけるときに、葉の緑色の部分に土がかからないように浅めに植える(2〜3cm)。植えつけ後は株元を軽く押さえ、水をやる。 (5) 生育期間が長いので途中で追肥する。 秋まきの場合は、定植してから1か月後くらいと3月ころ、春まきの場合は、定植してから1か月後くらいに株と株との間に化成肥料40g/m²を追肥する。 (6) 葉の約80%が倒れてきたら、いよいよ収穫だ。

(7) タマネギは乾燥させると、日もちするようになる。だから、雨の心配がない日を選んで収穫するといいんだ。 (8) タマネギを抜いたらそのまま畑に2〜3日置いて乾燥させよう。その後に風通しの良い日陰につるして干すと、そのまま貯蔵できる。 (9) 乾燥させたタマネギは、葉を取ってコンテナなどに入れ、風通しの良い日陰で貯蔵しても良い。


栽培ミニ知識
■どうして涙が出るの?
 タマネギを切っていて涙が出たことがあるかな?これは涙を出させる成分が含まれているから。タマネギには、ほかに辛み成分が含まれている。これらの成分は、タマネギが切られたりして、細胞が壊れたときだけ空気中に出てくる。サラダに入れるタマネギを水にさらすのは、これらの成分が水に溶けやすいことを利用しているんだ。それに、これらの成分は熱に弱い。だから、タマネギを炒めると涙が出なくなるし、辛さが消えて甘くなるんだ。実は、この仕組みはタマネギが外敵に食べられないよう、身を守るためのものなんだよ。
 

トップページ

トップページ