家庭菜園
<<目次

シュンギク


栽培方法

クッキングノート

キクは秋に花を咲かせるけど、シュンギクは春に花を咲かせることから、この名前がついた。関西では、キクナと呼ばれたりするよ。いちばんおいしいのは冬だけど、暑さにも寒さにも強い野菜だから、ほぼ一年中育てることができるよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 5〜30℃ 暑さ、寒さに強く、0℃以下でも枯れない。よく育つのは15〜20℃。一年中栽培できるけど、秋がいちばん育てやすいよ。
作ってみたい品種 葉の形から、「小葉」「中葉」「大葉」に分けられる。日本でもっとも多く栽培されているのは「中葉」。
連作障害 なし
ここに注意! 寒いよりは暑いほうが苦手。春に種をまく場合は注意しよう。
関連記事 冬の鍋物用シュンギクはこれからがまきどき
冬の鍋物に欠かせないシュンギク
茎が長く伸びる新顔のシュンギク
冬の野菜を寒気から守るには
トンネル栽培で冬どり葉菜類を


育て方
(1) 種まきの2週間前に苦土石灰100g/m²と堆肥2kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料60g/m²を入れて畝を作る。 (2) 板などを使ってすじをつけ、そこに種をまく。種をまいた後はうすく土をかけて、たっぷり水をやる。 (3) 15〜20℃が発芽しやすい温度だよ。発芽するまでは土を乾燥させないように、こまめに水をやろう。2〜5日で発芽するよ。

(4) 発芽したあとは、土の表面が乾いたときだけ水をやろう。本葉1〜2枚の頃、1回目の間引きをして化成肥料40〜50/m²を追肥する。 (5) さらに本葉5〜6枚の頃、2回目の間引きをして化成肥料40〜50/m²を追肥する。間引いたものは、食べることができるよ。 (6) 秋に種をまいたものは、冬の寒さから守ってやることで春まで収穫できるよ。ビニールハウスやトンネルが作れる場合は、利用してみよう。

(7) ビニールハウスやトンネルができない場合は、不織布(ふしょくふ)でベタがけしよう。 (8) シュンギクには、ハモグリバエの幼虫(エカキムシ)やアブラムシ、ダニがつきやすい。こまめに見つけて、木酢液(もくさくえき)で退治しよう。 (9) 種をまいてから30〜50日で収穫できる。茎が立ち上がる「株立ち」タイプは下葉を2〜3枚残して摘み取れば、また収穫できるよ。


栽培ミニ知識
■花を咲かせてみよう
 シュンギクは漢字で書くと「春菊」。立派なキクの仲間だ。ヨーロッパでは、野菜としてではなく、花を楽しむために栽培されているんだ。野菜として食べているのは、日本と中国やインドなどのアジアの国だ。収穫をせずにそのままにしておくと、春から夏に、きれいな花が咲くよ。どんな花が咲くのか、観察してみよう。
 

トップページ

トップページ