家庭菜園アイコン 家庭菜園

作り方>> 料理のレシピ>>

ピーマン

病気

害虫

■疫病

茎の病徴 果実の病徴
病徴
 茎、葉、果実に発病する。暗緑色、水浸状の大型病斑を生じ、葉はその後、落葉する。茎では、ややへこんだ病斑となり、ひどいときは枯死する。果実では、表面に白い粉状のカビを生ずる。

防除法
 病原菌はピーマン以外にもナス科やウリ科の作物に寄生するので、これらの作物との連作を避け、排水の悪いところへの作付けはしない。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
リドミル粒剤 2〜3g/株 収穫前日まで 3回

うどんこ病

初期は葉裏に白いカビを生ずる 末期になると枯れる
病徴
 葉に発病する。はじめは葉裏にうっすら白いカビを生じ、表面は黄色に変色する。病状が進むと葉が枯れ始め、葉全体が黄化し落葉する。

防除法
 病状が進行してからでは防除が困難になるので、できるだけ早期に発見して防除することが大切である。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
トップジンM水和剤 1,500〜2,000倍 収穫前日まで

■青枯病

最初は先端がしおれる 最後には枯死する
病徴
 盛夏に多く発病しやすい。はじめは、枝の先端の葉がしおれ、落葉しやすくなる。果実は内部から褐変が進み、落果しやすくなる。このような状態がしばらく続いた後、急に枯死する。

防除法
 土壌伝染するので発生跡地への連作を避ける。病原菌は高温を好むので、梅雨明け〜夏に注意する。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■斑点細菌病

葉の病斑 果梗の病斑
病徴
 葉、葉柄、茎、果実など地上部のあらゆる部分を侵す。はじめは、緑褐色の小さな斑点を生じ、しだいに中心部が灰色の病斑となる。ひどく発生すると落葉しやすくなる。

防除法
 夏の露地栽培に発生し、降雨の多い年に発病が多い。発病したら早めに防除を行う。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
Zボルドー 500倍

■灰色かび病 ■モザイク病

果実の病徴 病徴
病徴
 葉、茎、花、果実などを侵すが、果実の被害が最も大きい。はじめは、水浸状の病斑が広がり、後に灰色のカビを密生する。主にハウス内で発生する。

防除法
 湿度を高めないように注意し、病果や病葉は取り除くようにする。
病徴
 葉の表面が波打ち、形も幾分小さくなり、枝の節間が詰まり、全体に萎縮する。

防除法
 病原菌はアブラムシによって媒介されるので、作物にネットをかけるなどしてアブラムシの飛来を防ぐことが重要である。

適用薬剤
農薬名 スミレックス水和剤
希釈倍数 1,000〜2,000倍
使用時期 収穫前日まで
使用回数 5回

適用薬剤
農薬名
希釈倍数
使用時期
使用回数

ピーマンの害虫>>

(参考:家の光協会 野菜の病害虫防除)

トップページ

トップページ