家庭菜園
<<目次

パセリ


栽培方法

パセリは料理の付け合わせとして、よく使われている野菜だ。ビタミン、ミネラルを多く含み栄養価も満点!!パセリの独特の香りは、よい口直しにもなり、食中毒の予防や口臭防止にも効果があるよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 15〜20℃ 地中海沿岸が原産。冷涼な気候を好み暑さは苦手。25℃以上では葉肉や色が薄くなり、病気にかかりやすくなる。
作ってみたい品種 葉に縮みが多く、緑の濃いパラマウント系がよく、冬どりにはUSパラマウント、夏どりには中里パラマウントが適している。
連作障害 あり(1年間は同じ場所に作付けしない)
ここに注意! 根が深く張るので、畑は深く耕す。よい葉を長く、多く収穫するには元肥に堆肥を多く入れ、肥料が切れないように追肥しよう。
関連記事 手軽に育て周年自給できるパセリ
プランターづくりに最適なパセリ


育て方
(1) 3号ポットに種を4、5粒、間隔をあけてまき、薄く土をかける。 (2) 子葉が開ききったら生育の悪い株を間引く。7〜10日に1回、液肥(500倍)をやろう。 (3) 本葉が2枚のころに1株に間引く。

(4) 本葉が5、6枚になったら定植する。
畑は苗を植える2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料100g/m²を入れて畝を作る。
(5) 定植は、鉢の表面が見えるくらいに浅く植える。深植えは禁物だよ。土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやろう。 (6) 定植から2週間後に化成肥料40〜50g/m²を追肥して土寄せする。2回目からは1か月おきに追肥する。夏の乾燥したときは敷きワラをしよう。

(7) パセリはキアゲハの幼虫に注意! 春と秋に発生するから、見つけたら退治しよう。 (8) 本葉が12、13枚になったら、下の方の外側の葉から順に収穫する。常に10枚くらい葉を残しておこう。 (9) とう立ちしてきたら早めに摘み取ろう。わき芽が出てきて収穫が続けられるよ。


トップページ

トップページ