家庭菜園
<<目次

ネギ


栽培方法

クッキングノート

ネギも人間と同じように、日焼けする。日によく当たった健康なネギを、色白なきれいな根深(ねぶか)ネギに変身させてみよう。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 5〜25℃。マイナス5℃の低温にも耐えるけど、よく育つのは15〜20℃だよ。
作ってみたい品種 根深ネギ(長ネギ、白ネギとも呼ぶ)の「千住(せんじゅ)」、葉ネギでも「九条(くじょう)」の仲間の「越津(こしづ)」、「九条太(くじょうぶと)」なら、根深ネギが作れるよ。
連作障害 なし
ここに注意! ネギは生育期間がとっても長い。白い「根深ネギ」は、「軟白(なんぱく)」といって、日が当たらないようにして、白く、やわらかく育てたものなんだ。
関連記事 良質な秋冬取り白ネギ作りのポイント
ネギの種まき、苗作り
根深ネギ、最後の土寄せと収穫
根深ネギの植えつけのコツ
根深ネギの土寄せ軟白のポイント
根深ネギの上手な植え方
春まきのネギ苗づくり
根深ネギの植えつけと管理
根深ネギの上手な追肥・土寄せの仕方
ネギの種まきと苗づくり


育て方
(1) 種まきの2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料100g/m²を入れて畝を作る。 (2) 深さ15cmくらいの溝を掘り、種を一列にまく。種がかくれるくらいの土をかけたら、水をたっぷりやる。 (3) 気温15℃以上のときは1週間で、それより寒いと10日〜2週間で発芽するよ。
土の表面が乾いたら水をやる。

(4) 本葉が2枚になったら、少しずつ間引きして、葉が重ならないように調整しよう。
間引いたネギは「芽ネギ」や「葉ネギ」として食べられる。
(5) 1回目の土寄せをしよう。4〜5cmくらい、根元がかくれるように土を寄せる。
春まき:梅雨明けのころ
秋まき:サクラの咲くころ
土寄せのとき、土の中に化成肥料50g/m²をを入れよう。
(6) 1回目の土寄せから1ヵ月後、2回目の土寄せと化成肥料50g/m²を追肥する。

(7) 2回目の土寄せで、ここまで土を寄せるよ。 (8) さらに1か月後、3回目の土寄せと化成肥料50g/m²を追肥する。葉が分かれているすぐ下まで、土を寄せる。 (9) 3回目の土寄せから15〜20日後が収穫どき。掘り出して収穫しよう。


栽培ミニ知識
■みぞは何のために作るの?
 ネギが育つにつれて、だんだんと土寄せし、日が当たらないようにしていくよ。みぞの中で育てておくと、まわりの土を落とすだけで、簡単に土寄せができる。みぞを作るのは、そのためなんだ。
 土寄せのやり方は、「はじめは少しで、だんだん上まで」だ。はじめからたくさん土を寄せてしまうと、ネギはヒョロヒョロと細くなってしまい、太くならないんだ。まず、日に当てて、健康的に太らせたあと、軟白するんだよ。
 

トップページ

トップページ