家庭菜園
<<目次

病気>> 害虫>>

ナス


栽培方法

クッキングノート

ナスは日本人に古くから親しまれ、食べられてきた、なじみ深い野菜だ。利尿作用で体のむくみを取ったり、口内炎に効果があるともいわれている。また、低カロリーだからダイエットには、もってこいの野菜として改めて人気を呼んでいるんだ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 原産地はインド。日当たりのよい、有機質の豊富な土壌が大好き。生育の適温は25〜28℃。
作ってみたい品種 千両2号、黒陽、筑陽、紫水、庄屋大長など
連作障害 あり(5〜6年間は同じ場所に作付けしない。連作する場合は接ぎ木苗を植える)
ここに注意! 高温を好むから早植えは禁物だよ。また、乾燥すると生育が悪くなるから、たっぷりと水やりし、敷きワラを敷こう。特に梅雨明け後は、水やりを忘れないようにしよう。
関連記事 ナスは栄養診断による管理で収量が倍増
ナスは大苗に育て、健康診断に基づく管理で良果多収を
ナスの健康診断のすすめ
色つやの良いナスを取り続ける
連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに
手軽に早どりできるトンネル栽培
果菜類の追肥のポイント
果菜類の基肥入れは早めに、入念に
よいナスを多収する管理のコツ


育て方
(1) ナスは種から育てることもできるけど、苗にするまで80日くらいかかるから、苗を購入しよう。接ぎ木苗が手に入ればベストだよ。

(2) 苗を植える2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて深く耕し、1週間前に化成肥料150〜180g/m²を入れて畝を作る。 (3) 苗を買ってきたら日当たりのよいところに2〜3日置いてから植えつける。植えつける前日に水をたっぷりやっておこう。これはポットから出すときに崩れるのを防ぐためなんだ。

(4) 植えつける場所に大きめの穴を掘って苗を植えていく。鉢の土が少しかくれるくらいの深さで、浅めに植えよう。 (5) 枝は(1)の主枝と、最初に咲く花(一番花)の上下にある枝(2)と(3)を伸ばす。下の方(4)の葉は1つ目の収穫までつけておき、わき芽は早めに取ろう。 (6) 追肥は最初の収穫時から始めよう。1回に化成肥料20〜30g/m²を2〜3週間おきに追肥する。土が乾燥しないように、たっぷりと水やりして敷きワラを敷こう。

(7) 実が大きくなってきたら、早めに収穫しよう。これは株に負担をかけないようにするためなんだ。 (8) 真夏になったら、スコップで根を切り、(1)の枝を切る。(2)の短い枝は残しておこう。そして、500倍の液肥と敷きワラをする。 (9) 切り返したところから新しい枝が出て、秋ナスが収穫できるよ。


栽培ミニ知識
■花でわかる栄養診断
 一般的に植物は栄養状態が悪くなると、葉の色が薄くなったり葉が小型になったりするから、肥料が不足しているのかどうか判断できるけど、ナスは花で栄養状態を知ることができるよ。
 栄養状態のよい株の花は、大型で花弁の色つやが良く、よく観察すると、めしべ(花の中心から伸びている)が長く突き出ている。(イラスト上)
 だけど、栄養状態が悪くなると小型で花弁の色つやが悪くなり、めしべがかくれてしまうんだ。(イラスト下)
 また、栄養状態が悪いと枝の先のほうで花が咲くようになるから、気をつけよう。いつも観察して栄養状態が悪くなる前に、肥料をやることが大切なんだよ。
 

トップページ

トップページ