家庭菜園アイコン 家庭菜園

作り方>>

ミニトマト

病気

害虫

■萎ちょう病

半身が枯れる 茎を切断すると導管部が褐変している
病徴
 根、茎、葉が侵され、ついには全株が枯死する。はじめは茎の片側の葉が下葉からしおれる。同じ葉でも全体が同時にしおれるのではなく、片側だけがしおれる。病勢が進むと全葉が黄変萎ちょうし、枯死する。

防除法
 土壌伝染するので発生跡地への連作を避ける。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■根腐萎ちょう

茎葉の症状 根腐れの症状
病徴
 主として細根、支根が腐るのが特徴である。全体に脱水症状を起こし、下葉から黄化して枯死する。

防除法
 土壌伝染し、ハウス促成で発生しやすいので連作を続けないこと。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■半身萎ちょう病

葉の症状 末期症状 下葉から枯れ上がる
病徴
 はじめは下葉の小葉が部分的にしおれ、葉の縁が上側に巻く。その後しおれた部分が黄色に変わる。病勢が進むと下葉の方から枯れ上がる。

防除法
 土壌伝染するので発生跡地への連作を避ける。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■褐色根腐病

根の症状 下葉から枯れ上がる
病徴
 根だけに発病する。はじめは下葉から枯れ始め細根が腐る。病勢が進むと葉はさらに枯れ上がり、根の腐敗も進んで細かい根がなくなる。

防除法
 土壌伝染するので連作を避ける。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■疫病

白い霧状のかびを生ずる 古くなると褐変して縮れる
病徴
 葉、茎、果実など、あらゆる部分に発病する。葉には、はじめ灰緑色、水浸状の病斑を生じ、表面にうっすらと霜のようなかびを生ずる。茎には、はじめ暗緑色、のちに暗褐色に変わる水浸状の病斑を生じ、ひどくなると上部が枯死する。

防除法
 低温、多湿の条件下で発生しやすく、梅雨期と秋季に注意する。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
コサイドボルドー 1,000倍

■青枯病

初期の症状 導管が薄く褐変している
病徴
 根および茎が侵され、青枯れ状に枯死する。はじめは株全体が生気を失い、日中だけ葉がしおれるようになり、しばらくすると朝夕になっても回復しなくなる。急性のときは、全株の葉が萎ちょうし、茎葉が緑色のまま枯れる。

防除法
 土壌伝染するので発生跡地への連作を避ける。病原菌は高温を好むので、梅雨明け〜夏に注意する。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
セル苗元気 種まき時 1回

■かいよう病

茎の表面に条が入り発根の兆候が 茎を切断すると芯が黒変する
病徴
 地上部のあらゆる部分に病徴が現れる。はじめは下葉周縁からしおれ垂れ下がり、脈間が黄変し、枯死する。茎を割ってみると芯が黒変している。

防除法
 土壌伝染するので発生跡地への連作を避ける。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
カスミンボルドー 1,000倍 収穫前日まで 5回

■軟腐病

果実の軟腐 茎の軟腐
病徴
 果実および茎が侵される。果実では熟期に入ったものが虫害や機械的な傷を受けた場合に発病しやすく、退色して軟化腐敗し、悪臭を発する。

防除法
 虫や鳥の害がもとで軟腐した果実があると、それが伝染源となって発病するので、腐った果実は見つけしだい取り除く。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
Zボルドー
コサイドボルドー
1,000倍

■モザイク病

モザイクと萎縮 糸葉症状
病徴
 はじめは新葉が軽いモザイク症状を現し、節間が詰まり葉が細くなる。ひどくなると糸のように細くなり、垂れ下がる。その部分から上にはほとんど実をつけない。

防除法
 病原ウイルスは2種類あり、ひとつはアブラムシによって媒介されるので、ネットやマルチなどで飛来、吸汁を防ぐことが大切である。もうひとつは接触による伝染力が強く、葉や枝がこすれても伝染するので、発病株は見つけしだい抜き取る。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

トマトの害虫>>

(参考:家の光協会 野菜の病害虫防除)

トップページ

トップページ