家庭菜園アイコン 家庭菜園

作り方>>

メロン

病気

害虫

■つる枯病

茎基部の病徴 果梗と果実の病徴
病徴
 茎、葉、まれに果実に発病する。茎では地ぎわに発病し、灰緑色のちに灰褐色となり表面がざらざらして小黒粒点を生ずる。葉では葉縁から中央に向かってV字形の褐色の斑点を生ずる。病原菌は雨水に溶けて飛散するので、降雨の多いときに多発する。

防除法
 メロンだけではなく、ウリ科作物の連作地では初期から発生が多くなりやすいので、できるだけ新しい畑を選んで作付けする。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
アミスター20フロアブル 2,000倍 収穫前日まで 4回

■つる割病

褐変部からヤニを分泌する 激発した畑
病徴
 茎に発病する。はじめは茎の地ぎわ付近に水浸状の変色部が現れ、しだいに広がる。葉がしおれはじめ、後には茎もしおれ暗緑色または暗褐色に変わる。病原菌は土中に残り、翌年再びメロンを作ると根から侵入して病気を起こす。

防除法
 土壌伝染するので連作を避け、種子は消毒してからまく。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

■うどんこ病

発生初期の病徴 発病末期 全面が菌叢に覆われる
病徴
 露地メロンは本病にきわめて弱く、ひどく発生すると葉が次々と枯れ上がり、被害が大きい。はじめは淡黄色で裏面または表面に、うっすらと白粉のある円形の病斑を生じ、しだいに白粉が濃くなり、病斑も広がって葉全体が白粉に覆われるようになる。古くなると枯死する。

防除法
 梅雨明けになると発生が多くなるので、被害がひどくならないうちに防除する。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
アミスター20フロアブル 2,000倍 収穫前日まで 4回

■べと病

葉脈に囲まれた病斑となる ひどくなると下葉から枯れ上がる
病徴
 葉に発病する。はじめはぼんやりした淡黄色の病斑が現れ、しだいに葉脈を境に囲んだ病斑となり、黄褐色または褐色に変わる。病斑の多い葉は枯死する。

防除法
 病徴がひどくなってからでは防除が困難なので、予防的に散布する。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数
アミスター20フロアブル 2,000倍 収穫前日まで 4回

■モザイク病

新葉のモザイク症状 明瞭なモザイク
病徴
 病原ウイルスはキュウリモザイクウイルス(CMV)とカボチャモザイクウイルス(WMV)の2種類があり、露地メロンに被害が大きい。茎の先端や新葉が急に黄化萎縮し、葉面に細かなしわを生ずる。

防除法
 ウイルスはアブラムシによって媒介され伝染するので、作物にネットをかけるなどしてアブラムシの飛来を防ぐことが重要である。

適用薬剤
薬剤名 希釈倍数 使用時期 使用回数

メロンの害虫>>

(参考:家の光協会 野菜の病害虫防除)

トップページ

トップページ