家庭菜園
<<目次

コマツナ


栽培方法

クッキングノート

コマツナは、一年中種まき可能で、育て方もカンタンな野菜だ。暖かいときは種まきから20日で収穫できる。でも、いちばん美味しいのは冬。霜に当たった方が美味しくなるといわれているよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 20〜25℃ 原産地は中国といわれている。15〜35℃のときに種から芽が出るけど、葉は18〜20℃の涼しい気候のときに、いちばんよく育つんだ。
作ってみたい品種 卯月、ゴセキ晩生、みずき、おそめ、などが育てやすい。
連作障害 なし
ここに注意! 種まき前の畑に肥料をたっぷり入れておく。あとは手間いらずで育つ!
関連記事 暑さ寒さに強く連作もできる小松菜
初夏まきで9ヵ月も収穫できる小松菜
連作にも強く、長期収穫も狙える小松菜
育てやすい冬の青菜の主役 小松菜
耐寒性が強く冬に重宝する小松菜
夏野菜の生育を守るべた掛け資材
冬の青菜の主役・小松菜
冬の野菜を寒気から守るには
トンネル栽培で冬どり葉菜類を


育て方
(1) 種まきの2週間前に苦土石灰100g/m²と堆肥2〜3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料100〜150g/m²を入れて畝を作る。 (2) 板などを使って土を平らにならし、みぞをつけ、種をすじ状にまく。 (3) 種がかくれる程度に土をかけ、たっぷり水をやる。

(4) 冬に種をまくときは、不織布(ふしょくふ)をかけて、寒さを防ごう。1〜3日ほどで発芽するよ。 (5) 土の表面が乾いたときだけ、たっぷり水をやってね。子葉が開ききったら1回目の間引きをする。 (6) 本葉が出はじめたら、込み合っているところを、ときどき間引く。間引いた葉も食べられるよ。間引きが終わったら化成肥料40〜50g/m²を追肥する。

(7) 春に種をまくと、アオムシに葉を食べられてしまうことがある。見つけたら退治しよう。 (8) 15〜20cmほどの大きさになったら、食べる分だけ、食べる直前に収穫しよう。 (9) 何株か収穫しないで畑に残そう。春に花がつくから、切って菜の花としていただこう。


栽培ミニ知識
■コマツナの仲間は全国にいっぱい
 コマツナはアブラナ科アブラナ属の中で、「ツケナ」と呼ばれる野菜の仲間なんだ。ツケナは、ハクサイのように丸くならず、漬け物などによく使われている。
 またツケナの仲間には、地域に伝わる伝統野菜が多く、コマツナは、古くから東京・小松川(こまつがわ)地方で作られていたから、この名前がついた。京都の京菜や水菜、広島の広島菜、大阪の大阪シロナ、新潟の大崎菜など全国に仲間がいるよ。
 

トップページ

トップページ