グリーン西春日井に行ってみよう!アイコン 家庭菜園
<<目次

インゲン


栽培方法

クッキングノート


タンパク質、カロチン、ビタミンC、カルシウムなどが豊富。おいしく仕上げるには、火の通し方に注意。サラダなどはかために、煮物などはじっくりと煮て味をなじませるのがコツです。


インゲンのひき肉春雨

ベターホームの料理教室 撮影:大井一範

227kcal(1人分)

材料(2人分)

豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・100g
サヤインゲン・・・・・・・・・・・・・・・・100g
春雨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
サラダ油・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
 A  ネギ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5cm
  ショウガ・・・・・・・・・・小1かけ(5g)
B 水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・150ml
スープのもと・・・・・・・・小さじ1/2
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
 酒・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2

 
インゲンのひき肉春雨(1) 春雨を表示の通りに戻します。約5cm長さに切ります。
(2) サヤインゲンは両端を切り、長さを半分に切ります。
(3)Aはみじん切りにします。
(4) フライパン(大)に油を中火で熱し、(3)をいためます。香りが出てきたら肉を加え、フライ返しで押さえるようにして焼きます。バラバラになったら(2)を加えて軽くいためてからBを加えます。中火で7〜8分煮ます。
(5)最後に(1)を加えて2〜3分煮て、汁気がほぼなくなったら火を止めます。

インゲンとホタテのいため物

114kcal(1人分)

材料(4人分)

サヤインゲン・・・・・・・・・50本(約400g)
ホタテ貝柱の水煮(缶詰)・・1缶(150g)
長ネギ(みじん切り)・・・・・・・・大さじ3杯
カタクリ粉、油、塩、酒、コショウ、
シャンツァイ(あれば)

 
インゲンとホタテのいため物(1) サヤインゲンはヘタを落とし、長さを斜め3等分に切る。
(2) カタクリ粉小さじ1・1/2杯は、水大さじ1杯で溶いておく。
(3) 中華鍋に油大さじ2杯を強火で熱し、(1)、塩1つまみを入れていため、長ネギを加えて混ぜる
(4) (3)に水2・1/2カップ、ホタテの缶汁、酒大さじ2杯、塩小さじ1杯を加えて煮立て、ホタテをほぐしながら加える。味をみてコショウ適量をふり、(2)を加えてとろみをつける。火を止めてシャンツァイをちぎって加え、器に盛る。


インゲンのニンニクディップ

86kcal(1人分)

材料(4人分)

サヤインゲン・・・・・・・・25本(約200g)
赤ピーマン・黄ピーマン・・・・・各1/2個
おろしニンニク・・・・・・・・・・大1かけ分
卵黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個
塩、しょうゆ、粗挽き黒コショウ、酢、
オリーブ油(またはサラダ油)

 
インゲンのニンニクディップ(1) サヤインゲンはヘタを落とす。ピーマン2種は細切りにする。
(2)
塩適量を入れた熱湯で(1)を好みのかたさにゆで、サヤインゲンは水に取って冷ます。それぞれ水けを切り、冷蔵庫で約30分冷やしておく。
(3) おろしニンニク、卵黄、しょうゆ大さじ1杯、粗挽き黒コショウ適量、酢大さじ1/2杯、オリーブ油大さじ1・1/2杯を混ぜ、(2)をつけて食べる。


揚げインゲンのみそがらめ

175kcal(1人分)

材料(4人分)

サヤインゲン・・・・・・・・50本(約400g)
ニンニク(みじん切り)・・・・・小さじ2杯
ショウガ(みじん切り)・・・・・・小さじ1杯
長ネギ(みじん切り)・・・・・・・大さじ3杯
揚げ油、赤みそ、しょうゆ、酒、砂糖、
酢、カタクリ粉、油、豆板醤、ゴマ油


揚げインゲンのみそがらめ(1) サヤインゲンはヘタを落とし、中温の油でさっと素揚げにし、取り出して油を切る。
(2) ボウルに赤みそ、しょうゆ各大さじ2杯、酒大さじ1杯、砂糖大さじ2〜2・1/2杯、酢大さじ1/2杯、カタクリ粉小さじ1杯、水1/3カップ入れてよく混ぜておく。
(3) 中華鍋に油大さじ1杯を強火で熱し、豆板醤小さじ1・1/2〜2杯をさっと炒め、ニンニク、ショウガ、長ネギを加えて炒め合わせる。香りがたったら、(2)を加えて煮立て、とろみがついたら(1)を加えてからめ、ゴマ油小さじ1杯をふる。

トップページ

トップページ