家庭菜園
<<目次

インゲン


栽培方法

クッキングノート

ふだん食べている、さやつきインゲンは、未熟なうちに収穫されたもので「サヤインゲン」と呼ばれている。一方、完熟させてインゲンは、「白インゲン」「うずら豆」「金時豆」など、品種によっていろいろな名前で呼ばれているよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 10〜30℃ 暑すぎるのも寒すぎるのも苦手な野菜。10〜25℃くらいのときによく育つんだ。原産地は中南米といわれているよ。
作ってみたい品種 「つるあり」と「つるなし」の2種類ある。「つるなし」のほうが早く収穫できるけど、収穫期間が短く、収穫できる量も少ない。つるありならケンタッキーワンダー≠、つるなしならさつきみどり≠竍江戸川つるなし≠ネどを育ててみよう。
連作障害 あり(2〜3年間は同じ場所に作付けしない)
ここに注意! 発芽した芽は鳥に食べられやすい。ペットボトルなどでガードしよう。
関連記事 育てやすくて新鮮な味が格別つるありインゲンマメ 
育てやすくて新鮮な味が格別 インゲンマメ
取れたての味が格別インゲンマメ
長く収穫が楽しめるインゲンマメ


育て方
(1) 種まきの2週間前に苦土石灰120g/m²と堆肥2〜3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料150g/m²を入れて畝を作る。 (2) 40〜50cm間隔で種をまく。種はへそを下にして、深さ1cmくらいまで押しこむ。土をかけたら、たっぷり水をやる。 (3) 2〜5日で発芽!発芽しないところは、新しい種をまき直そう。

(4) 芽が出てからは、土の表面が乾いたときだけ、水をやる。芽をペットボトルで鳥から守ろう!
側面に窓を、天井部分に2cmくらいの穴をあける。
(5) つるありの品種は、発芽したら支柱を立ててやる。種まきから15日くらいでつるが出て、巻きつくよ。 (6) 支柱の代わりに、ひもを使っても良い。

(7) つるあり品種は、1メートルくらいになったら主枝(親づる)の先を切る。こうすると子つるがよく伸びるんだ。
 つるあり品種は花が咲き出したら化成肥料60〜70g/m²を追肥しよう。
(8) つるなし品種も風で倒れないよう、支柱を立てるといいよ。
つるなし品種は花が咲く前に化成肥料60〜70g/m²を追肥しよう。
(9) 花が咲いてから10〜15日くらいで収穫。豆のふくらみが目立たないうちの若いさやを収穫しよう。
つるあり品種 種まき後50〜70日で、40〜60日間収穫できる。
つるなし品種 種まき後30〜50日で、15〜30日間収穫できる。


栽培ミニ知識
■中南米のラクラク栽培法
 原産地の中南米では、つるありインゲンはトウモロコシの横に植えられていた。こうすると、伸びてきたつるがトウモロコシに巻きついて、支柱を立てなくてもすむからなんだ。キミも、トウモロコシの種をまいてから、1か月以上たってトウモロコシが大きくなったころ、その横につるありインゲンの種をまいてみよう。うまく巻きつくかな?
 トウモロコシを収穫したら、葉をとっておこう。
 

トップページ

トップページ