家庭菜園
<<目次

ハクサイ


栽培方法

クッキングノート

ハクサイにはウイルス病、根コブ病に強い新黄、郷風などの一代雑種がある。60日タイプの早生種から90〜120日タイプの晩生種まであるので、生育期間を確かめよう。ほかに芝罘(ちいふ)、京都白菜、松島白菜、野崎白菜、花心白菜など、在来種もあるので、いろいろためしてみよう。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 中国北部が原産とされている。生育温度は18〜20℃、高温には比較的弱く、22〜23℃以上になると生育が鈍り、結球しにくくなる。
結球適温は13〜14℃で、最低4〜5℃以上であれば、冬でも徐々に結球する。
作ってみたい品種 無双、耐病六十日、王将、金将二号、野崎、新理想など
連作障害 あり(2年間は同じ場所に作付けしない)
ここに注意! 日当たりと水はけのよい場所を選び、2年連作は避ける。アオムシ、コナガ、アブラムシなどが付きやすいので早期防除しよう。
関連記事 締まりよくずっしり重いハクサイ作りのコツ
ハクサイ よく締まった大球に育て上げるコツ
結球ハクサイの収穫と防寒対策
ハクサイ作り成功のポイント
結球したハクサイの防寒対策
結球ハクサイ作りのポイント
超小型で育てやすいハクサイ登場
ハクサイの苗づくりと畑の準備
べたがけ資材で害虫と強光を防ぐ


育て方
(1) 3号ポットに種を3粒ずつまき、うすく土をかける。 (2) 寒冷紗で日よけする。夕方ははずして夜露に当てるようにしよう。 (3) 子葉が開ききったら2株に間引く。さらに、本葉が2枚になったら、1株に間引く。

(4) 苗を植える2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料120〜150g/m²を入れて畝を作る。 (5) 植えつける前日に、ポットにじゅうぶん水をやっておく。そうしないと根鉢がくずれてしまうよ。苗は50cm間隔で植えつけよう。 (6) 植え穴は大きめにあけて、根鉢が見えるくらいの浅植えにする。葉のつけ根まで土に埋もれてしまわないように注意しよう。

(7) 植えつけてから2週間後に、化成肥料70〜80g/m²を畝の中央に追肥して土寄せする。
結球し始める前には、畝の両端に化成肥料70〜80g/m²を追肥して土寄せする。
(8) 球の頭を軽く押さえて、硬くしまった感じのものから収穫しよう。 (9) 球が完成すると耐寒力が弱まる。霜が強くなると、球が傷むので、外葉を寄せて先をしばるか、少ししおれた外葉を球の上に3〜4枚かぶせておこう。


栽培ミニ知識
■直まきをしてみよう
 ハクサイは直まきでも作ることができる。
畝づくり 苗作りのときと同じ要領で作ろう。
種まき 8月中旬から下旬に、畝の幅が80cmくらいなら1条、120cmの畝なら2条に、株間50cmをあけて種をまく。
 種をまくところに、ジュースのビンの底などで、深さ1cmのへこみを作り、そこへ5〜6粒、間隔をあけてまく。種がかくれる程度に土をかぶせ、にわか雨などで種が流されないように切りワラで覆っておこう。
間引き 本葉が出はじめたころ、1か所3株に間引き、さらに間引きして本葉5〜6枚で1か所1株にする。 あとは苗作りのときと同じだよ。
 

トップページ

トップページ