トップページ

>

ご案内

>

トピックス

>

JA西春日井発「宮重大根さくら漬」

JA西春日井発「宮重大根さくら漬」

 このほど当JAの6次産業化商品第1号となる「宮重大根さくら漬」が完成し、4月7日に清須市のはるひ夢の森公園で開催された春日五条川さくらまつりで試食販売を行いました。
 宮重大根の普及に力を入れる「宮重大根純種子保存会」の協力を得て、味や見た目など試行錯誤を重ねて完成したこの商品。梅酢で漬けたことにより、ほんのり桜色でほどよく酸味の効いた優しい味に仕上がっています。試食をした人からは、「ちょうどいい味付けでおいしい」、「他にも何種類かあるといい」など多くの感想をいただきました。
 当JAでは、来年からの本格販売に向けて宮重大根の確保と商品PRに努め、地元野菜の地産地消に積極的に取り組みます。