トップページ

>

ご案内

>

トピックス

>

『はるひ呼吸器病院』に人工呼吸器1式を寄贈

『はるひ呼吸器病院』に人工呼吸器1式を寄贈

 JA西春日井は4月14日、地域において新型コロナウイルス感染症の治療を最前線で担う医療機関への支援を目的として、清須市内の『はるひ呼吸器病院』に人工呼吸器1式を寄贈しました。同病院で行われた寄贈式では、JA西春日井の後藤組合長が「地域医療に役立ててください」と話し齊藤病院長に目録を手渡しました。齊藤病院長は「これまで、コロナ患者だけでも20名以上の方が人工呼吸器を使ってきました。重症者が増えつつある今、ひとりでも多くの人を助けるために、今回の寄贈は大変ありがたいです。いただいた人工呼吸器は、コロナ患者の治療に使わせていただこうと思います」と感謝を伝えました。
※この取組はJA共済の助成金を活用して実施しています。