トップページ

>

家庭菜園

>

【実践編】月毎の栽培ポイント

果菜類の追肥のポイント

 5月に畑に植え付けたキュウリ、トマト、ナスなどの果菜類は、気温の上昇とともにぐんぐん育ち、果実のふくらみも早まってきました。育ちが盛んになるにつれて、根からの肥料の吸収も多くなり、元肥に与えた肥料分だけでは足りなくなるので、追肥により、不足分を補ってやる必要があります。

【追肥のポイント】
・適期を逸しないこと。
・肥料の種類を選び、適量を守ること。
・吸収しやすい位置に順次施すこと。
 ...などが挙げられます。
 キュウリ、ナス、ピーマンなどは実どまりがよいので、植え付け半月後に第1回を、その後15~20日に1回の割で、計3~4回与えます。トマト、スイカ、カボチャなどは早く与えすぎると草勢が強くなりすぎ、実どまりしにくくなる懸念がありますので、着果し果実がゴルフボール大以上に肥大するのを見届けてから、与えるようにすることが肝心です。
 肥料の種類は、化成肥料と油かす、または有機配合肥料などが適し、量は1株当たり、各大さじ1~2杯ぐらいを目安に、葉色や生長速度により、手加減して与えます。
 2~3回目になると生育盛りとなり、収穫も増えてくるので、2~3杯ぐらいに増量していきます。
 施す位置は、根の先端付近が肥料を一番吸収しやすいので、第1回は株の周囲に、株元から15~20cm離して円状とし、2回以降は列に沿って鍬で軽く溝をつくって与え、必ず土を覆っておきます。トマト、スイカなどは根が張ってから第1回を施すので、はじめから溝状に与えるのが合理的です。

坂木技術士事務所●坂木利隆