グリーン西春日井に行ってみよう!アイコン 家庭菜園

作り方

栽培のポイント

営農情報

料理のレシピ


土は養分、水分、空気のタンク
 野菜は土の中に根を張り、そこから養分だけでなく、水も空気(酸素)も取り込んでいます。
 つまり、植物は葉で呼吸するだけでなく、根でも土中の酸素を取り込んで、体内で有機物を燃焼させ、炭酸ガスを出しています。そして、このときのエネルギーで土中の水と養分が吸収されます。そのため、土の構造が大切になってくるのです。

たいせつな土の三相
 土を手に取ってみましょう。砂や粘土、砕けた枯れ葉やゴミといった有機物などが目に入ります。このような土の本体部分を固相といいます。
 また、土はカラカラに乾いていなくて、手に湿り気を感じます。この水分を液相といいます。
 そして、土を水の中に入れるとブクブクと泡が出ます。これは土中に含まれる空気で、気相といいます。
 土はこの三層からできていて、三層の割合が、土の善し悪しを決め、野菜の生長を左右します(図1)。

図1 野菜作りに適した土の三相分布

 ただし、土の三相分布は一定ではなく、耕した直後と収穫後では大きな差があります。この差を小さくするには、堆肥など有機物を施して、土の団粒化(土の粒子が集まってだんご状になる)を安定させます。団粒化された土は、大きなすき間と小さなすき間を適度に含み、通気性、保水性ともに優れています。そのうえ保肥力もよいので、野菜を育てるのに理想的な状態といえます。

有機物のすばらしい効果
(1) 団粒化を促す
 堆肥などの有機物を施すと、土中の微生物がそれを分解します。その分解物は土粒と土粒を結びつける働きがあり、土を団粒化し、団粒と団粒が結合して、さらに大きな団粒になります。団粒になることで、土のすき間が多くなり、通気性や排水性がよくなります。
(2) 土壌微生物の働きを活性化
 有機物は微生物の活動エネルギーになり、分解されたチッソやリン酸などの元素は、植物に有効に働きます。また、吸収されずに余った養分は、微生物が吸収することで一時的に貯蔵されます。
(3) 肥あたりを防ぐ
 腐植(有機物が分解されたもの)の多い土は、肥料をやりすぎても肥あたりを和らげる働きがあり、また、有機物から出る腐植酸や有機酸といったものが、野菜の生育をよくしてくれます。

よい堆肥を作ろう
 堆肥はワラや落ち葉、枯れ草などをじゅうぶん湿らせて積み、発酵させます。発酵菌の養分としてチッソが必要なので、石灰窒素や尿素、家畜糞などを混ぜておきます(図2)。
 また、市販のコンポスターを使うと毎日の生ゴミの始末にもなります(図3)。
 堆肥が入手しにくいときは、バーク堆肥、ピートモス、腐葉土といった入手しやすい資材を用いてもかまいません。堆肥も含めて、これらは一度に多量に施すのではなく、適量を継続的に与えることが大切です。
図2 堆肥の作り方
(1) ワラや枯れ草、落ち葉などを入れ、じゅうぶんに水を吸わせて、踏み固める(野菜くず、台所のゴミを混ぜてもよい)。20〜30cmに踏み込んだら石灰窒素や尿素を薄くふりかける。 (2) 何回も繰り返し、枠いっぱいになったらビニール袋で覆い、雨水の流入、乾燥を防ぐ。 (3) 発酵が進むと量が減る。
図3 コンポスターでの堆肥作り
(4) 別の枠に入れて、さらに発酵させる。乾いていたら少量の水で湿らせる。苦土石灰や消石灰を薄くまき、積み重ねる。 (5) 積み終わったら、ビニールで覆っておく。 いっぱいになったら全体をよく混ぜ、1〜2ヵ月間熟成させる。
●収穫残渣は小さくカット
●生ゴミは新聞紙にくるむ
●土と生ゴミを交互に入れる
ふたを必ず閉める。

堆肥などの有機物の施し方
 畑はスコップなどで深く耕し、下層の土が空気に触れるように、土を上下反転させます。このとき、堆肥を1m2当たり2〜3kgが全体に混ざるように、あらかじめ耕す場所にばらまいておきます。同時に、土のpH(ペーハー)調節のために、苦土石灰や消石灰を施します。石灰類の使用は、元肥を施すまでに済ませておきましょう(図4)。
図4 堆肥の施し方
(1) スコップで30cmくらいの深さに土塊を反転させるように耕す。堆肥と苦土石灰をいっしょに施しておく。 (2) 酸度の調節後、土を砕きながら元肥(化成肥料など)を全層に施す。 (3) 堆肥や有機物、元肥をよく混ぜて畝を立てる。

土壌酸度にもご注意
 日本では、もともとの性質や、降雨が多いことなどが原因で、酸性土のところが多いといわれます。
 土が酸性だと、土の粘土分を構成するアルミニウムイオンになって根を傷めます。また、リン酸と結びつきリン酸アルミニウムとなり、根がリン酸を吸収できなくなることもあります。酸性が強い土は、野菜にとってよい状態とはいえません。
 土壌酸度はpH値で表され、pH4〜6を酸性土、pH8〜9をアルカリ土といいます。一般的にはpH6.0〜6.5程度が理想的な土壌で、酸性土の場合はpH調整が必要です(表1、表2)。ここで気をつけたいのは、一度に多量の石灰を施さないこと。アルカリ化しすぎると、マグネシウム、鉄などを吸収しにくくなってしまいます。

表1 pH調整に必要な石灰量(1u当たり)
 

矯正酸度

pH6.4に pH6.2に pH6.0に pH5.8に



pH
5.0


5.5
消石灰 85g〜55g 75g〜45g 60g〜30g 50g〜20g
苦土石灰 130g〜85g 110g〜65g 90g〜45g 75g〜25g


表2 主な野菜が好む酸度
 

酸度

酸性

中性

アルカリ性

pH5 pH6 pH7 pH8
トマト

5.5〜7.5

             
キュウリ 5.5〜7.0              
ナス 5.5〜6.0              
カボチャ 5.5〜7.5              
スイカ 5.5〜7.0              
レタス 6.0〜7.0              
タマネギ 6.0〜7.0              
ホウレンソウ 6.0〜7.5              
アスパラガス 6.0〜8.0              
キャベツ 6.0〜7.5              
トウモロコシ 5.5〜7.5              
エンドウ 6.0〜7.5              
ジャガイモ 5.0〜6.5              
サツマイモ 5.0〜6.0              
カブ 5.5〜7.0              
ニンジン 5.5〜7.0              
ビート 6.5〜8.0              

トップページ

トップページ