家庭菜園
<<目次

病気>> 害虫>>

メロン


栽培方法

つるを地面にはわせる「地ばい栽培」と、支柱を立ててはわせる「立栽培」がある。今回は、より本格的な立栽培を紹介するよ。どちらも、よけいな実や芽をこまめにつみ取り、栄養を果実に集めてやることが大切だよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 15〜40℃ いちばんよく育つのは20〜30℃だよ。
作ってみたい品種 大きく分けて、作るのがむずかしい超高級な「温室メロン」と、温室メロンと見た目は似ていて作りやすい「ハウスメロン」、マクワ系の「露地メロン」がある。おすすめはハウスメロンだよ。
連作障害 あり(4〜5年間は同じ場所に作付けしない)
ここに注意! あまいメロンを作るには、水をやりすぎないようにして、乾燥ぎみにしよう。
種まきは霜が降りる心配がなくなって、じゅうぶん暖かくなってから。少し早めに種まきしたい場合は、トンネルやビニールハウスを利用しよう。
関連記事 果菜類の基肥入れは早めに、入念に


育て方
(1) 箱に畑の土を入れ、種を1粒ずつ同じ向きに置く。種がかくれるように土をかけ、たっぷり水をやる。 (2) 水をやったら、土が乾かないよう、ぬらした新聞紙をかけ、さらにビニールをかけて保温する。 (3) 発芽温度は28〜30℃。2〜3日で芽が出るよ。

(4) 本葉が1枚出たら、直径9〜12cmくらいのポットに1本ずつ植えていこう。ポットの土も栄養たっぷりの畑の土を使おう。 (5) 畑は苗を植える2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に有機配合肥料150g/m²を入れて畝を作る。 (6) 30〜40日くらいたって、本葉が3〜4枚になったら、畑に移そう。40〜50cmおきに苗を植え、ネットや支柱などで支えよう。

(7) 本葉が4〜5枚になったら、親づるをつみ取り、子づるを2本伸ばしていく。10節めまでの孫づるを切る。1本の子づるに良い実を2個残し、あとは取ってしまおう。実がなった節より上のつるは、葉を1枚残してつみ取る。 (8) 雌花が咲いたら、雄花の花粉をつけてやる。朝9時くらいまでにやろう。実がついたら、畝のまわりに有機配合肥料100g/m²を追肥し、水をやろう。 (9) 花が咲いて30〜50日くらいが収穫のめやす。花が咲いた日にちを書いておくといいよ。収穫して2〜3日は室温で保存して、食べる数時間前に冷蔵庫に入れるのがポイントだよ。


栽培ミニ知識
■ネット模様のひみつ
 メロンの皮にできる模様は、メロンの実が大きくなる速さと、皮が伸びる速さの違いからできるものだ。皮よりも実が早く大きくなり、しかも皮が裂けやすいと、皮に亀裂ができる。この亀裂をふさごうとしてできるコルク物質が盛り上がってネット模様になるんだ。
 

トップページ

トップページ