家庭菜園
<<目次

病気>> 害虫>>

キュウリ


栽培方法

クッキングノート

いつも食べているキュウリには、白い種が入っているよね。でもこれは、まだ種になるまえの種の赤ちゃんなんだよ。

栽培ガイド

栽培カレンダー

生育温度 インド・ヒマラヤの山岳地帯がふるさと。涼しいのが好きで、生育温度は18〜28℃。寒さに弱く、10℃以下だと大きくならないよ。
作ってみたい品種 夏すずみ、南進、北進など(特にカボチャ台木の接ぎ木苗)を植えると育てやすいよ。
連作障害 あり(2年間は同じ場所に作付けしない。連作する場合は接ぎ木苗を植える)
ここに注意! ふだん食べているキュウリは、完全に育つまえに収穫したもの。収穫し忘れると、日ごとにみるみる大きくなるよ。
関連記事 低い支柱で省力、キュウリの誘引
連作に耐える接ぎ木苗の手配は早めに
手軽にできるキュウリの低支柱栽培
自分でできる果菜類の苗づくり
手軽に早どりできるトンネル栽培
果菜類の追肥のポイント
果菜類の基肥入れは早めに、入念に


育て方
(1) 種まきの2週間前に苦土石灰150g/m²と堆肥3kg/m²を入れて耕し、1週間前に化成肥料150〜200g/m²を入れて畝を作る。 (2) 50cm間隔で種を3〜4粒ずつまき、1cmほど土をかける。土の上から、たっぷり水をやる。 (3) 4〜5日くらいで芽が出る。アブラムシに注意! 見つけたら退治しよう。テントウムシがアブラムシをやっつけてくれる。つかまえて畑に放そう!

(4) 土が乾いたら、たっぷり水をやろう。本葉が1枚の頃、1か所1本にする。 (5) 20〜30cmにまで育ったら、つるを巻きつけるための支柱を立てる。追肥は15〜20日間隔に化成肥料60〜70g/m²を3回行う。 (6) つるは支柱にひもでゆるく結ぼう。

(7) 大人の背丈くらい育ったら、親づるの先をつまみ取る。こうすると子づるがよく育つんだ。 (8) 夏休みの半ば頃から花が咲く。子づるに雌花が咲いたら、花より先のつるは切ってしまおう。 (9) 花が咲いてから10日くらいで20cmくらいになる。さあ収穫だよ。


栽培ミニ知識
■種ありキュウリを作ってみよう
 ウリ科のなかまは、1本の木に雄花と雌花、2種類の花が咲く。雄花にある花粉を、虫たちが雌花に運ぶと種ができる。種ができると実が大きくなるんだ。
 でも、キュウリは変わっていて、雌花に花粉が届かなくても、実が大きくなりだす。ふだん食べているキュウリは、大きくなるまえの赤ちゃんの時に収穫したもの。収穫しないでおいておこう。種ありキュウリができるよ! 食べてみよう!
 

トップページ

トップページ